中小企業診断士の勉強をして良かったこと

中小企業診断士とは

中小企業診断士とは : 中小企業診断士の知識 : 中小企業診断士の資格を取得して良かった点

中小企業診断士は古くは日本のMBAとも呼ばれ、一時期非常にその人気が高まったことがありました。
MBAは米国の経営修士課程のことで、米国の大学で経営学を勉強し、これによって修士課程を卒業することにより様々な企業経営の知識を得ていると証明されるものであるため、日本が規制緩和により様々な外国のビジネスを取り入れ始めた頃に非常にもてはやされた資格となっています。
現在でも多くの企業では優秀な社員を海外に留学させこのMBAを取得させていますが、近年では従来に比べてあまりその資格が重要視されることが少なくなり、同時に中小企業診断士の資格も従来に比べもてはやされる事はなくなりました。
しかし、その中で私がこの資格を取得したいと考えたのは、単純に中小企業の経営を客観的にチェックしアドバイスをすることができる立場となりたかったためです。

中小企業診断士中小企業診断士|LEC東京リーガル